リードナーチャリング
専用システム

リードのビッグデータを
ひとつにまとめるテクノロジー

平日9時~17時03-3496-7888

  1. TOP
  2. 導入事例
  3. ライフカード株式会社

導入事例

【運用開始時】獲得したリードを売上に繋げるため
リード育成をサスケで実践しています

世界中のインターネットVisa加盟店でクレジットカードと同じように使えるプリペイドカード「Vプリカ」を提供するライフカード株式会社様(以下、ライフカード)は2015年の3月にサスケを導入されました。今回はまだ導入して日の浅いライフカード様に導入を決めた理由や今後の活用展望をインタビューしました。

ライフカード株式会社

業種 その他金融業,クレジットカード事業、プリペイドカード事業、銀行保証事業、保険事業、その他付随業務
設立 2010年7月29日
利用目的 リードの育成、展示会フォロー活用、PUSH営業管理、PULL型営業管理、提案書などの資料添付
カテゴリ
  • リードナーチャリングの効果的な実施
  • リードデータの一元統合
  • インサイドセールス
  • メールマーケティング
  • テレマーケティング
  • 展示会

INTERVIEWインタビュー

サスケ導入前の課題

展示会に出展するだけでは引き合いを得られないため、リードの育成が必要だと考えていました。

私の部署ではインターネット上で使えるプリペイドカード「Vプリカ」を個人向けに提供しておりましたが、法人向けギフトニーズの高まりにより、昨冬「Vプリカギフト」の提供を開始しました。

法人向け販売は個人向け販売とは営業方法が異なるため、認知と拡販のために広告や展示会への出展を開始しました。

広告出稿や展示会に出展することでリードの獲得には成功したものの、そのまま黙って待っていても引き合いが来るわけではないので、獲得したリードのフォローや育成(リードナーチャリング)をどうしたら効率的にできるかが課題でした。

弊社では、リードに特化したフォロー・育成する営業管理システムを導入しておらず、複数のエクセルで来場者リストを作成し、個々にフォロー営業を行うといった形でした。

この方法では情報が共有できず、また一度に多くのフォロー営業を行うため、どのお客様にどんな会話・アプローチをしたかなどが管理しきれず大変でした。またエクセルですと、フォロー結果のサマリーをすぐに抽出できないため、とても手間が掛かっていました。

その課題を解消するために、リードの育成・管理に特化したシステムの導入を検討していたのですが、費用感や、一括メール送信ができないなどの機能面が満足できなかったりなどの理由で、システム導入までには至っておりませんでした。

サスケ導入後の効果

リード育成・展示会フォローに必要な機能が充実しており、導入までのスピード感が良かったです。

2015年1月のマーケティングテクノロジーフェアに出展していたのですが、同じ展示会でインターパークさんがサスケを展示されていました。説明を聞くとリード育成が得意分野とのことで興味を持ち、詳しく話を聞いてみると求めていた一括メール送信の機能もあり、推奨の名刺管理ソフトを併用することで展示会来場者の名刺も表裏両方管理ができる点が良かったです。特に名刺の裏面にはフォロー営業に重要なメモなども残されているため、その画像を確認しながらフォローできるのは付加価値として魅力的でした。

また、デモ画面を見るとレイアウトやインターフェースがとても見やすく、システム担当者でない私でも簡単に項目の設定や一括メール送信ができそうだった点と、なにより実際にフォローするメンバーが簡単に使いこなせそうだという点が好印象でした。加えて資料請求などのリスト管理・追客進捗管理にも課題があったのですが、その部分の管理・支援にも活用できそうだと考えました。

最後の決め手としては導入までのスピード感です。ちょうど2週間後に次の展示会の出展が迫っていたのですが、2週間もあれば準備は十分間に合うとのお話しを頂けたため、その展示会から活用していこうと決断しました。インターパークさんの営業の方には、導入に至るまでの弊社側システム評価や一連の手続き含め、迅速・丁寧にサポートいただけたので大変助かりました!

展示会のみに留まらず、様々なシーンでリード育成を実践していきたいです。

現在は2015年3月に出展したリテールテックJAPANという展示会のフォロー営業・リード育成と提携会社からの資料請求客(ホワイトペーパーダウンロード客)の追客をメインに活用しています。

展示会のフォロー営業では、電話フォローの内容や訪問時の議事録などを手間なく履歴入力できるため、管理が楽になりました。また、今までエクセルでは難しかった情報共有もリード職人ですと容易に行えています。

資料請求客の追客では追客ステージを細かく管理することで、営業進捗の完全可視化に成功しています。また、導入当時には無かった、一括メール送信時にURLを誰がクリックしたかわかるクリックカウンター機能が実装されたりなど、サスケのバージョンアップのフレキシブルさはとても良いですね(まさに欲しいなと思っていた機能でした)。

現在は、項目の設定などは一通り完了し、自分達の業務に合った設計に近づいているところです。今後は、商品毎にクロスセル・アップセルなどの案件管理を行いたいと考えており、サスケの特徴である項目の自由度や設定の簡易さを活かして、リードソースで商品特有の情報を管理していければと計画しております。

この部分の設定や運用方法を整備できると初期営業に留まらず、営業活動全般の管理までサスケ導入により活用と営業の幅が広がりそうです。運用していくうちに欲しい機能がまた顕在化していくと思いますが、インターパークさんには是非、先回りしたバージョンアップにより営業方法の気づきができることを期待しております(笑)。

一覧に戻る

同カテゴリの導入事例

リードナーチャリングの効果的な実施

リードデータの一元統合

インサイドセールス

メールマーケティング

テレマーケティング

展示会

セミナー

マーケティング・オートメーション(MA)

顧客管理/営業管理(CRM/SFA)