リードナーチャリング
専用システム

リードのビッグデータを
ひとつにまとめるテクノロジー

平日9時~17時03-3496-7888

  1. TOP
  2. 導入事例
  3. 株式会社CAEソリューションズ

導入事例

エクセル管理ではできなかった、
ターゲットを絞った一斉アプローチが可能になりました

CAE(Computer Aided Engineering)を中心とする設計ソリューションを、ソフトウェア、コンサルティング、受託サービスなどから提供し、また国内最大規模のCAE専門コールセンターを保有する株式会社CAEソリューションズ様(以下、CAEソリューションズ)は2014年7月からサスケをご利用頂いています。そんなCAEソリューションズ様に導入前の課題や現在の活用方法などをインタビューしました。

株式会社CAEソリューションズ

業種 卸売業,CAE製品販売,CAE製品の技術サポート・トレーニング・受託解析
設立 2006年01月01日
利用目的 展示会・セミナーのフォロー営業管理、WEB問合せ管理、一括メール送信による案内、DM発送用の住所録出力、案件情報管理
カテゴリ
  • メールマーケティング
  • 展示会
  • セミナー
  • 顧客管理/営業管理(CRM/SFA)

INTERVIEWインタビュー

PLM事業部 マネージャ 後藤氏

サスケ導入前の課題

情報がまとまっておらず、必要な集計を取るのがとても大変でした。

弊社はCAEを中心とする設計ソリューションを提供しており、そのPR・拡販のため技術系の展示会に毎年出展しています。

また定例開催の無料体験セミナーや時代に合わせたスポット開催のセミナーも開催しており、WEBからも日々お問い合わせを頂いているため、リードの流入経路は多岐に渡ります。

これらの情報を以前はエクセルで管理していたのですが、それぞれ別々のファイルだったため、ファイルの数がどんどん増えていき、また過去のイベントとの繋がりが非常に把握しづらい状況でした。

案件化した顧客情報は別のデータベースシステムで管理していたのですが、営業フォローの状況やメール送信の履歴などを管理できるものではなかったため、結局は個々の営業毎に案件管理のエクセルを作ってしまい、フォロー状況は担当の営業しか把握しておらず、フォロー漏れなども発生してしまっていました。

また付随するメール配信システムも使用していたのですが、全顧客に対してしかメール配信をすることができず、もっとターゲットを絞った情報発信をしたいと考えていました。営業担当は自分の案件ベースで管理したく、私たちイベントの管理担当は集客した見込み客の興味のある商材別の集計などを行いたく、また管理者は全体の売上見込みを把握したいなど、それぞれが別々の視点で情報を管理したい要望がある中でエクセルファイルがバラバラなので、集計作業がとても大変な状況でした。

サスケ導入後の効果

イベントを串刺しにして顧客を管理できる機能が、自分達が求めるシステムのイメージに近かったです

始めは別のシステムの検討を進めていたのですが、規模が大きすぎて費用感が合わなかったため、導入には至っていなかったところ、ちょうどインターパークさんから電話でご案内頂き、15分程度のデモ説明を行って頂けるとのことだったので、ご来社頂くことにしました。実際に説明を受けてみると、現在のデータベースシステムにはなかった、顧客それぞれの対応履歴が追える営業支援的な機能が盛り込まれつつ、シンプルでわかりやすいインターフェースで「エクセル以上、SFA未満」のコンセプトが好印象でした。

そして何よりも今までエクセルで点在していたファイルの串刺し管理ができるリードソースの仕組みが自分達のイメージにとても近かったです。

また今まで項目が細かくてデータベースシステムには入れられなかった興味商材などの展示会アンケート情報も展示会毎に顧客に紐付けて管理できる機能もあり、またそれが検索可能となるため、ちょうど私たちが行いたかったターゲットを絞った一括メール送信やDM発送にも活用できると感じました。スマートフォンでも閲覧・操作もできる点も良かったです。

ただ展示会・セミナーの管理だけでは弱かったため、個々の営業が管理している案件管理のエクセルも一緒に管理することを想定し、ちょうど近く展示会に出展する機会があったため、その展示会から活用していこうと考え、導入することを決めました。

ターゲットを絞った一斉アプローチで、リードナーチャリングを実践しています

きっかけとなった展示会のリストをサスケに入れ、また今までエクセル管理だったアンケート情報も顧客に紐付けて管理するところから運用を開始しました。

アンケート情報もデータ化し、今までできていなかったターゲットを絞った一括メール送信やDM発送などに活用し、リードナーチャリングを実践することが可能となりました。過去の展示会・セミナーを管理していたエクセルもサスケにインポートし、今ではエクセルでの顧客管理はなくなりました。

また営業担当者は案件化した顧客の案件管理もサスケで行っています。今までは営業担当1人1人のエクセルから情報を吸い上げて行っていた、商材別に誰がどのくらい売り上げているのかといった集計もとても楽になりました。

今後の課題として、案件化した顧客のフォロー履歴はしっかり残せているのですが、まだまだ見込み客に対するフォロー履歴を残しきれていないため、もっとしっかりと情報を残していきたいと考えています。

またSFAの領域に入ってしまうのですが、売上集計(数字項目の集計)などができるようになると、もっと活用の幅が広がりそうです。

一覧に戻る

同カテゴリの導入事例

リードナーチャリングの効果的な実施

リードデータの一元統合

インサイドセールス

メールマーケティング

テレマーケティング

展示会

セミナー

マーケティング・オートメーション(MA)

顧客管理/営業管理(CRM/SFA)