導入事例

営業管理は現場に馴染むから成功する。見込み顧客から取引先まで一気通貫した管理を実現

「経営に情報のちから」をモットーに各種スマートデバイスの開発、お客様ニーズに合わせたカスタムメイドにも力をいれている株式会社アルフ様(以下、アルフ)では2016年6月よりクラウドサービスサスケシリーズをご利用いただいております。

株式会社アルフ

業種 業種・業態のニーズに応じたスマートデバイスの企画・開発・製造・販売、医療情報機器の企画・開発・製造・販売、上記におけるアプリケーション、ファームウェア及びソリューションの提案・企画・開発
設立 1993年4月12日
利用目的 営業情報の可視化。展示会、問合せなどの見込み顧客管理、WEBを活用したオンラインマーケティング
カテゴリ
  • 展示会
  • 顧客管理/営業管理(CRM/SFA)

INTERVIEWインタビュー

サスケ導入前の課題

部門を横断した情報共有。顧客対応の可視化を検討していました。

弊社はアパレル業界や流通、医療関連業界向けにバーコードスキャナやM2Mデバイスなどの開発・販売を行っている専業メーカーです。お取引先させていただく業界も広い分、お客様数も非常に多くいらっしゃいます。そのためエンドユーザーとの直接販売だけでなく、販売パートナー様と協力しながらお仕事をさせていただいております。そこで課題となっていたので経営視点でのお客様の統合管理でした。これまでは製品や部門ごとに管理をしていたため、俯瞰して営業情報を確認するには時間がかかっていました。また既存のお客様だけではなく展示会への出展も行っていたため、いわゆる見込み顧客管理の必要性も感じておりました。より多くのお客様の課題解決を行うためにも見込み顧客から取引先企業、案件管理も含めた一気通貫した管理システムを検討していました。

サスケ導入後の効果

現場での活用を第一に。運用されるから情報が集まり、PDCAを上手く回せています。

弊社の求める「一気通貫した管理ができるか否か」も、もちろん重要でしたがそれ以上に「現場に定着し、しっかりと活用されるかどうか」の視点での選定を行いました。
いくら機能が豊富で様々なアウトプットができても情報入力に負担がかかり、入力されなくなっては本末転倒です。現場が入力することで自然と情報が集まる。結果、分析ができるような運用を目指しサスケを導入しました。
現在は案件情報や訪問内容も選択式の項目などを上手く活用することでスタッフも抵抗なく入力してくれています。また登録した案件内容をもとにした細かな分析集計もワンクリックで確認することができますので部署や担当者を横断した分析が可能になりました。
また活動内容に対するコメント機能の活用で会議などのまとまった時間にアドバイスするだけでなく、ちょっとした隙間時間にマネージャーから部下へのアドバイスが可能となり、コミュニケーションも闊達になりました。

マーケティング観点で営業をサポート。見込み顧客へのアプローチにも 取り組んでいます。

営業部門での現場運用が定着した後に見込み顧客管理にも取り組んでおります。
展示会の来場者リストに加え、WEBページからの問合せ情報も一括して管理しています。見込み顧客は取引先企業に比べると顧客データも膨大になりやすく管理が煩雑になりがちです。会社の資産として有効活用し、案件創出やお取引に繋げるためにもサスケに情報を集約することで過去の接点を容易に把握できるようになりました。
またデータが膨大な分、一括メール送信機能を活用し効果的なアプローチを行っています。
メール配信の結果から製品に対して興味・関心をお持ちのお客様を見極め、フォロー判断を行うことで営業の負担を軽減しながら効率的にお客様開拓ができるようになりました。
サスケ導入で求めていた一気通貫した顧客・営業管理が出来て満足しています。今後も新機能のバージョンアップに期待しています。

一覧に戻る

同カテゴリの導入事例

リードナーチャリングの効果的な実施

リードデータの一元統合

インサイドセールス

メールマーケティング

テレマーケティング

展示会

セミナー

マーケティング・オートメーション(MA)

顧客管理/営業管理(CRM/SFA)

関連商品

  • リードデータ専用の顧客管理機能を一部体験できる
    3名300件まで永久無料の無償版

  • 2009年からのベストセラー
    CTI付帯テレマーケティング専用システム。