平日9時~17時03-3496-7888


テレアポ職人の秘伝の技COLUMN

大好評!新規営業に役立つノウハウが満載です。

[テレアポトーク] の記事一覧(22件)

其の20 保険営業に使えるテレアポトーク

さて、今回のノウハウは、

保険営業に使える「テレアポトーク」の参考例をご紹介しましょう。

 
保険営業に限らずどんな営業でもそうですが、基本は、少しでも多くの「見込み客」を作ることが出来るのか、と言う点です。

見込み客が多ければ、必然的に「新規契約件数」も増えますから、如何に見込み客を作れるかが、\成功する条件/と言っても過言ではありません。

これは、どの業種の営業であっても言えることです。

しかし、特に保険業界に入り立ての頃は、回りやすいところ、つまり身内や友達、親戚と言った狭い範囲で実績を作るパターンが多いため、その後のネタが尽きた時に、初めて「営業の厳しさ」を感じると言うケースも多いんですね。

そのため、保険業界に入って見たものの、途中で挫折する方が多いと言うのも、このパターンがひとつの挫折の原因にもなっていたのです。

そこで、見込み客を作るには、結果を残せる方法が必要です。

今回は、保険営業もに使えるテレアポトークについて説明しながら、効果的なアポイントが取れるように、随所に工夫した「新規獲得」に使えるトークを、ご紹介したいと思います。

それでは、どうぞご覧下さい。

・・・続きはこちら

其の16 テレアポで使える効果的な営業トーク

今回の営業ノウハウは、

「テレアポで使える営業トーク」についてお送り致します。


電話していると、「その話しなら間に合ってますので・・・」と、断られることって、よくありますよね。

営業マンにして見れば、その話しならって「他の営業マンと一緒にしないでくれ、」と思っていても、相手にして見れば、営業マンは営業マンとしか見ていませんから、「その話しなら間に合ってますので・・」と言いたくなってしまうのでしょう。

では、どのようにしたら、話しを聞いて貰えるのか?と言うことで、テレアポで使える営業トークの例をご紹介したいと思います。

・・・続きはこちら

其の14 営業トークは初めが肝心

今回の内容は、

「お役立ちガイドマップを使った営業方法」について、ご紹介します。


営業トークは、仕事内容によって違うのは当然ですが、中には業界特有の営業トークが存在し、そのトークを周りの会社も使っているケースがありますよね。
 
たとえば、このトークを使ったら成功した、と言うように、成功事例として、そのトークが周りでも使われると言う場合です。

しかし、成功しているからと言って、それをマネして使うと、思わぬ落とし穴があると言うことを、あなたはご存知でしょうか?

・・・続きはこちら

其の7 アポが取れるテレアポトーク

さて今回のノウハウは、テレアポトークの実例として「アポが取れるテレアポトーク」についてご紹介したいと思います。

今までのコラム記事をご覧頂いて、ある程度の雰囲気はお分かりになったと思いますが、では、実際にどのようなトークにすればアポが取れるのか?と言う疑問もありますよね。
そこで「どれだけのテレアポトークなのか知りたい、」と言う声も多く寄せられましたので、今回は特別に「実際に使えるトーク」として、皆様にトーク例をご紹介したいと思います。

場面は、投資用のマンションを勧めるテレアポトークです。
会社に勤めている方に電話する例としてご覧下さい。

それでは、会社関係に電話するテレアポトークの開始です。
 

・・・続きはこちら

其の46 見込み顧客を顧客に変える!営業トーク編

▼さて、今回の営業ノウハウは、

見込み客を顧客に変える営業トークの見直し活動



今使っている営業トークでは思ったような反応が得られないので、もっと効果が見込める営業トークに見直しをしてほしい・・・と依頼された内容をご紹介したいと思います。

皆さんも新規開拓に向けて参考になる内容だと思いますので、応用して見てはいかがでしょう。

其の48 テレアポのコツは「ストレスかけず、頭を使わず、淡々と」

「負担にならないテレアポトーク」についてお送り致します。


個人宅に電話をすると、ほとんど断わられると言っても過言ではありません。

それだけ色んな営業電話はもちろんのこと、保険意外にも勧誘の訪問セールスが毎日のように来るため、普段から自宅に居る奥様方の警戒心も強くなるゆえに反応が悪いと言うのが現状だからです。

そのため何百件と電話をしても、「今、忙しいので、」「間に合っています!」と言ったお決まりの言葉ですぐ断わられてしまいます。

其の47 アポイント率を上げるキーワード「コストダウンと経費削減」


「コストダウンと経費削減」でアポイント率を上げる



あなたが扱っている商品やサービスを口にすると、すぐ電話を切られることってありませんか?

そんな時に使えるのが、一見して関係なさそうな話しが最後につながると言うテレアポトークです。

其の45 電話営業でアポが取れる「自分から断わる」手法


「自分から断わる」電話営業でアポが取れる。



テレアポで苦労するのは、一生懸命、話しをしても聞いて貰える件数が少ないと言うことですが、あなたの場合はいかがでしょう?

実際、テレアポしていると冷たく断られることが多いために、「断わられない方法があったらいいのに・・」と思うこともありますよね。

其の43 テレマーケティングでアプローチツールを活用する

▼さて、今回の営業ノウハウは、

「アプローチツールを活用したテレマーケティング」です。

どの業種でも新規開拓で苦労するのが最初の入り方です。