平日9時~17時03-3496-7888


テレアポ職人の秘伝の技COLUMN

大好評!新規営業に役立つノウハウが満載です。

すべての記事一覧(48件)

其の21 相手を感動させる営業ツール

さて、今回のノウハウは、

「相手を感動させる営業ツール」について、お送り致します。


皆さんも、お客様の誕生日に合わせてダイレクトメールを送ることがあると思いますが、反対に行きつけの飲食店や美容院などからDMを受け取ることもありますよね。

例えば、お店関係からですと、誕生日プレゼントとして優待券や割引券と言った「特典」をもらうことがあると思いますが、今ではどこのお店でも似たようなDMを行っていますから、受け取る側もそれほど感動することもなく、軽く受け流すこともよくあることです。

それだけ「誕生日DM」は一般化していると言うことです。
 
そこで、同じ誕生日DMでも「送る中身」を変えると、相手を劇的に感動させることが出来ると言う方法をご紹介しましょう。

・・・続きはこちら

其の20 保険営業に使えるテレアポトーク

さて、今回のノウハウは、

保険営業に使える「テレアポトーク」の参考例をご紹介しましょう。

 
保険営業に限らずどんな営業でもそうですが、基本は、少しでも多くの「見込み客」を作ることが出来るのか、と言う点です。

見込み客が多ければ、必然的に「新規契約件数」も増えますから、如何に見込み客を作れるかが、\成功する条件/と言っても過言ではありません。

これは、どの業種の営業であっても言えることです。

しかし、特に保険業界に入り立ての頃は、回りやすいところ、つまり身内や友達、親戚と言った狭い範囲で実績を作るパターンが多いため、その後のネタが尽きた時に、初めて「営業の厳しさ」を感じると言うケースも多いんですね。

そのため、保険業界に入って見たものの、途中で挫折する方が多いと言うのも、このパターンがひとつの挫折の原因にもなっていたのです。

そこで、見込み客を作るには、結果を残せる方法が必要です。

今回は、保険営業もに使えるテレアポトークについて説明しながら、効果的なアポイントが取れるように、随所に工夫した「新規獲得」に使えるトークを、ご紹介したいと思います。

それでは、どうぞご覧下さい。

・・・続きはこちら

其の18 保険営業にも使える効率の良い営業方法

さて、今回は

“保険営業にも使えるノウハウ”について、ご紹介致します。


保険の営業で大変なのは、見込み客作りです。

見込み客が少ないと、契約件数も少なくなるのは当然ですから、いかに多くの見込み客を作れるかが、保険営業のポイントになるからです。

そんなあなたの為に、今回の内容は「保険営業にも使えるノウハウ」についてご紹介しましょう。

他の仕事にも、応用することで使えるノウハウです。

どうぞ、ご覧下さい。

・・・続きはこちら

其の17 相手に“欲しい”と言わせる方法

今回の営業ノウハウは、

「相手に“欲しい”と言わせる方法」についてお送り致します。


皆さんも営業マンならば、相手に「欲しい」と言わせることが出来たらどんなに楽だろうと、思ったことってありませんか。

断られることが多い営業職ですから、いかに相手から欲しい、の返事を貰えるかで成績も違ってきますし、毎日充実した日々を送ることが出来ればどんなに良いかと・・・

そんな想いにふけっている皆さんに、心理学から応用したノウハウをご紹介したいと思います。

これを見れば、明日からあなたも心理学のスペシャリストです。

どうぞ、ご覧下さい。

・・・続きはこちら

其の19 心理学を応用して苦手意識や上がり症を克服

今回のノウハウは、

心理学から応用した“自己催眠療法”についてお送り致します。


人は、他人からの影響で、感情(心の動き)に左右されると言う傾向があります。
これは、意識しなくても自然と感じてしまう事なので、ちょっとした言葉やしぐさなどで、気にしたり傷ついてしまうこともあるんですね。

しかし実際は、相手があなたのことにさほど興味も無く、取り立てて気にもしていないのに、周りの人から見られていると言う自意識過剰が起こることで、過去はともかく、これからの人生も苦しい思いを引きずるのでは、何のために生きているのか、分かりませんよね。

そこで、そんな想いをしている方に、気持ちが晴れやかになる方法をご紹介したいと思います。

気持ちを切り替えるだけで、これからの人生が劇的に変わる方法です。

どうぞ、ご覧下さい。


・・・続きはこちら

其の16 テレアポで使える効果的な営業トーク

今回の営業ノウハウは、

「テレアポで使える営業トーク」についてお送り致します。


電話していると、「その話しなら間に合ってますので・・・」と、断られることって、よくありますよね。

営業マンにして見れば、その話しならって「他の営業マンと一緒にしないでくれ、」と思っていても、相手にして見れば、営業マンは営業マンとしか見ていませんから、「その話しなら間に合ってますので・・」と言いたくなってしまうのでしょう。

では、どのようにしたら、話しを聞いて貰えるのか?と言うことで、テレアポで使える営業トークの例をご紹介したいと思います。

・・・続きはこちら

其の15 法人や店舗向けにテレアポする方法

▼今回の営業ノウハウは、

「法人や店舗向けにテレアポする方法」についてお送り致します。


法人や店舗向けにテレアポする場合は、個人宅と違って来客中や接客中と言うケースが多く、ましてや忙しい時に電話すると話しを聞いて貰えないと言うこともよくあります。

そう言った場合、どのように攻めて行ったら良いのか分からない・・と悩む方も多いのではないでしょうか。 

さらに、店舗に電話する時の問題点と言えば、 

・・・続きはこちら

其の9 電話機能を利用したテクニック

さて今回のノウハウは、「電話機能を利用したテクニック」についてご紹介したいと思います。


電話機能を利用したテクニック・その(1)


 
個人宅へテレアポする場合に弊害になっているのが、「ナンバーデスプレー」の存在です。
 
電話がかかって来ると相手の電話番号が表示されるナンバーデスプレーですが、事前に架かって来た電話番号を見ることで、知り合いからの電話なのか、それともセールスの電話なのかが分かってしまいますから、当然、電話番号を見て出ないと言う方も中にはいらっしゃいます。
 
以前であれば誰が電話して来たのかが分かりませんでしたから、取りあえずは出てくれたのですが、今は、電話番号を選んで出る時代です。
 


・・・続きはこちら

其の14 営業トークは初めが肝心

今回の内容は、

「お役立ちガイドマップを使った営業方法」について、ご紹介します。


営業トークは、仕事内容によって違うのは当然ですが、中には業界特有の営業トークが存在し、そのトークを周りの会社も使っているケースがありますよね。
 
たとえば、このトークを使ったら成功した、と言うように、成功事例として、そのトークが周りでも使われると言う場合です。

しかし、成功しているからと言って、それをマネして使うと、思わぬ落とし穴があると言うことを、あなたはご存知でしょうか?

・・・続きはこちら

其の13 相手の心を惹きつける3つのテクニック

今回の内容は、

「営業話法の使い方」について、ご紹介します。


営業話法には、色々なノウハウがあります。
 
しかし、そのノウハウを実践して見たがうまくいかなかったと言う例もあり、このノウハウは役に立たない、あるいは、自分には向いていないと諦めてしまうケースもありますが、あなたの場合はいかがでしょう。

自分なりの営業手法として使い分けていますか?

そもそも、広く公開されているノウハウは、一般的な例として公開されているケースが多いですから、それを自分の営業手法に使おうとしても、しっくりこないこともよくあることです。

それはなぜかと言えば、場面に応じた使い方をしていないと言うことと、本当に理解して使ってはいない、と言うのがあるからです。

たとえば、よく使われているので「イエスバット方式」がありますが、相手が否定して来たら一旦受け入れながら、“でも、しかし”と言った言葉で、肯定に持って行くと言うのが、ご存知のやり方です。

ですが、それで相手の心証を変えることが出来るのかと言えば、実際はうまく行っていないのが現状ですよね、